「型」と「組手」により護身術として有効なフルコンタクト合気道の覇天会です。初心者・未経験者大歓迎!

国際合気道連合 - フルコンタクト合気道 - 覇天会 - Official WebSite 国際合気道連合 - フルコンタクト合気道 - 覇天会 - Official WebSite

覇天会の合気道組手の種類と概要について2

image

4、打撃自由技組手(打撃の捌き組手)

概要

相手が打撃で攻めてくる相手をフルコンタクト合気道により捌き制圧する組手形式です。

意義

→相手に打撃で自由に攻撃させ、それを捌き制圧する練習を行うことにより

対打撃の能力を向上させる事が出来ます。

対打撃の場合は、お互いに合気道技に入るために組付きに入る合気道組手とは異なり、ヒットアンドアウェイや打撃のラッシュなどを仕掛けてくることが考えられます。

そのため逃げる相手を捕まえる練習などが必要になってきます。

打撃自由技組手では相手に打撃で自由に攻めさせることにより打撃の捌きに特化した練習を行うことができます。

取り組み

定期的に稽古で行っています。

5、武器取り護身組手

概要

短棒を持ち打ちかかってくる相手をフルコンタクト合気道により捌き制圧する形式の組手です。

意義

→武器による顔面や胴への打ち込みや突きへの対策を身につける事を目的としてきます。

武器(短棒・鈍器)による攻撃は素手の場合よりもリーチが長く、打ち込みが顔面を狙って上から振り下ろしてくる軌道になるため対打撃とはまた異なった技術が必要となります。

取り組み

定期的に稽古で行っています。

6、実践武術合気道組手 (上級者向け)

概要

合気道組手に加えて、顔面や金的への牽制の打撃を認めた実践性の高い組手です。

なお、安全性に配慮して顔面にはアルファ面、金的にはファールカップを着用します。

防具を着用することにより安全に実践的な練習をする事が出来ます。

意義

護身術の場においては相手が顔面や金的などの急所を狙って攻撃してくることも考えられます。

顔面攻撃や金的攻撃が無い組手ルールに慣れてしまうと、護身の場においても

顔面攻撃や金的攻撃を意識せずに、無防備に相手に向かって行ってしまう

危険性があります。

そのような事態を無くすために、金的や顔面攻撃へのけん制を認めた組手を行う事により、間合いの違いや急所攻撃への防御法など、護身術としてより実践性の高い合気道組手を学ぶ事が出来ます。

取り組み

上級者のみ毎回の稽古で行っております。